_MG_0984.JPG
_MG_1013.JPG
_MG_0984.JPG

古武道について


SCROLL DOWN

古武道について


柳心照智流

柳心照智流は、居合と木刀術を主とする古武道の流派です。柳心照智流の理念は、他の日本の武道(剣道、柔道、合気道など)と同じく、心身を鍛ることにあり、敵を倒すよりも自分自身の切磋琢磨を目的としています。その目指すところは「不動心」、つまり常に平静を保てることでもあります。河端照孝館長によって命名された柳心照智流の名称は、「冬場でも若葉を失わない柳のように、つよく柔らかな心身によって、平常心を保ち不動智を働かせて世の中に役立つこと」という思いがこめられています。

河端館長は、1940年東京にて生まれ、剣への興味は館長の祖父がサンフランシスコで購入した日本刀を手にしたことから始まります。それ以来長きに渡って国内外で剣術の指導及びに日本刀文化の理解・促進に携わってきました。20代前半の1963年に、河端館長の父が開設に関連した台東区浅草の尚武館道場において、古伝剣法の修行を開始。当時の天真正自源流上野靖之源心宗家(1913-1973)の元に学びました。天真正自源流は戦国時代に関東にて発したと言われています。

TBSのTV番組(「地球ロマンよみがえる秘剣・戦国兜割り」)

TBSのTV番組(「地球ロマンよみがえる秘剣・戦国兜割り」)

河端館長は剣術修行に励むとともに刀剣・刀装具の収集・研究に勤しみました。後に、日本美術刀剣保存協会の役員となり、刀剣・刀装具の研究家として名を馳せていくことになりますが、日本刀文化振興協会の結成にも寄与しています。そして1987年に放送されたTBSのTV番組(「地球ロマンよみがえる秘剣・戦国兜割り」)の中では、刀鍛冶吉原義人氏の手による刀を用いて、置き手拭い型鉄兜を12センチメートルにわたって見事に斬り込みました。これは1886年秋に、直心影流榊原鍵吉氏が成功した明治天皇御前における兜割り以来、100年ぶりの兜の試し斬りの成功です。またこの頃、長年の武道振興に対する多大な貢献が認められ、武道界最高の栄誉とされる武道功労賞を受賞しています。

河端館長は他にも国際武道院・国際武道連盟理事ならびに副理事長を歴任しました。国際武道連盟ではヨーロッパ・アメリカでの剣術振興に貢献し、また古武道部会長も勤めました。1975年に赤坂のNRC(現在日本財団ビル)道場で指導にあたり、また全日空羽田道場、横浜市消防署でも多くの剣術家を育て、やがて東京都北区赤羽にて正誠館を設立しました。

河端館長は、2006年に、古伝剣法を基とした「居合」60数本、「木刀組太刀」、「居合組太刀」、「太刀取り・短刀取り」などから構成される柳心自源流を立ち上げました 。柳心の型は、香取・鹿島の剣術の流れを汲み、500年以上に渡って受け継がれてきたもので、実戦で培われた技が特徴です。柳心に伝承されている形には数百年に亘る数多くの名人・達人の智恵・工夫・意志が凝縮されています。河端館長が伝承する柳心流の形にはその古風な趣が保たれており、戦国時代や幕末など動乱時における侍たちの戦う姿が彷彿されます。これらの稽古内容の他に、河端館長は試し斬りにも力を入れており、正誠館では通常稽古の内容に組み込まれています。

矢作訓一範士に宗家

矢作訓一範士に宗家

2008年1月1日に、河端館長は愛弟子の矢作訓一範士に宗家を譲り、現在は正誠館館長・宗家後見人として活躍しています。 また、実生活においても柳心照智流の心と技を大いに発揮して、多方面で活躍し日本国から藍綬褒章と黄綬褒章を授与されています。

2011年には、心と体の切磋琢磨という流の目的を明確にするべく、柳心自源流から柳心照智流へと改名を行いました。

柳心照智流の矢作訓一宗家は1948年東京葛飾区生まれ。子供の頃に祖父の家に飾られていた古い剣道の防具を見て武道に魅せられます。10歳のとき小学校のクラブ活動で剣道を始め、また12歳で柔道を学び後日2段を得ます。30歳になって河端館長の当時の拠点であった東京都港区赤坂のNCR道場(現在の日本財団ビル)に入門、河端館長のもとで30年にわたって修行に励んだ後、国際武道連盟から古武道範士八段を允許され、また連盟の理事職を継ぎました。そして2008年に柳心照智流の2代目宗家となりました。

柳心照智流の稽古を続ける傍ら、矢作宗家は剣道も続けており、全日本剣道連盟剣道教士七段を有しています。矢作宗家は、柳心照智流の心や身体の運用法は現代剣道にとって大事な要素だと捉えており、剣道を修行するものは昔から伝わる武道の精神と技術を学ぶことが重要であると考えています。

現在、柳心照智流はアメリカ、カナダ、ヨーロッパ、日本に跨る道場で稽古されています。矢作宗家は正誠館道場で門人の指導にあたりながら、国内のみならずアメリカ、ヨーロッパに道場・拠点を設け積極的に出張稽古を行い海外の門下生からも熱い支持を受けています。

_MG_1013.JPG

Ed LinとMaxi Donichtについて


Ed LinとMaxi Donichtについて


エド・リン (Edward Lin) とマクシミリアネ・ドーニチュ (Maximiliane Donicht)

(左より)エドワード・リン、矢作訓一師、マキシミリアン・ドニーチェ、ニューヨーク武道会にて

(左より)エドワード・リン、矢作訓一師、マキシミリアン・ドニーチェ、ニューヨーク武道会にて

ニューヨーク武道会にてフィル・オルティズ(六段)、ヴァリアント・イン(四段)、ミシェル・ラチック(四段)のもと、2013年より稽古を始める。数回の柳心照智流セミナー参加の後、2015年と2017年には日本にて個人指導を受けた。2017年、エドワード三段、マキシミリアン二段を取得。

マキシミリアン・ドニーチェ、エドワード・リン、ニューヨーク武道会にてタチアナ・ハナザキ先輩とヴァリアント・イン師と

マキシミリアン・ドニーチェ、エドワード・リン、ニューヨーク武道会にてタチアナ・ハナザキ先輩とヴァリアント・イン師と